適性検査を受けてからレーシック

オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。 適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

フコイダンの最新情報
http://daiichi-sangyo.com/
フコイダン



適性検査を受けてからレーシックブログ:10-4-2018

減量中は、
食事は1日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食事摂取カロリーの割合は、
6時:お昼:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
1日の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
6時食540kcal、お昼食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
お昼食に重点を置き、
6時食と夕方食は軽い食事で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

減量中でカロリーが気になったり、
食事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食事の時間が不規則で
お腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

お腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食がよる遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食事にしてみましょう。

よるは消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食事はバランスが大切です。
6時・お昼・夕方を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食事を上手にコントロールしましょう!