老眼治療もレーシックにお任せください

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。

 

最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。

 

老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。



老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:10-11-2018

最近は、
パパもお母さんも外で働く、
いわゆる共稼ぎの家庭って全然珍しくありませんが…

あたしが子供の頃は、
パパが外へ働きに出て、お母さんは家にいるという家庭が
多かったんですよね。
あたしの家もそういう家庭でした。

とは言っても
我が家は裕福な家庭ではありませんでしたから、
お母さんは家で一生懸命内職に励んで、
家計の足しにしていました。

このころから、
世間で「鍵っ子」と言う言葉が
よく使われるようになってきたようです。

お母さんも外へ働きに出る家庭が
増え始めてきていたんですね。

そのため、
家の鍵を持ち歩かなくてはならない
子供が多くなり始めていました。
このような子供が「鍵っ子」と呼ばれていたんです。

あたしが通っていたクラスにも、
鍵っ子が何人かいました。

今は週休二日が当たり前で、
土曜日も日曜日も学校はお休みですが…

当時土曜日は、小学校は休みではなく、
午前中だけ授業があったんですよ!

しかし、給食はありませんでした。
当然ながら鍵っ子は、
お昼食をどうにかして確保しなくてはなりませんでした。

多くの鍵っ子がどのようにしてこの問題を解決していたかは、
あたしは知りません。

あたしのお母さんは、そんな鍵っ子である友達を
家に連れて来るように言いました。

あたしは、お母さんの言うとおりに、
土曜日には鍵っ子を連れて家へ帰りました。

お母さんは、
友達の分のお昼食も用意してくれていました。
あたしと鍵っ子である友達は、仲良く同じお昼ごはんを食べました。

お昼ごはんを食べ終えると…
あたしと友達は、
友達のお母さんが帰ってくるまで
思う存分遊べたのでした。

あたしは、そんな土曜日の午後が
たまらなく好きでした。