レーシックにおけるリスクを理解しよう

あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:12-6-2018

グッドイブニング^^

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子さんたちが
「Trick or treat?(スナック菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のスナック菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したスナック菓子ではなく、
スナック菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや体操会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子さんたちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
チェコではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もスナック菓子もその言葉だけで
お子さんたちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

・・・と、こんな事書いてみる