乱視の悩みはレーシックで解決

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。

 

近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。



乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:16-8-2018

自分でスナック菓子を買わなくても、
もらったりする機会ってありますよね?

引き出物やおみやげ、お中元、お歳暮などなど…

僕もつい一昨日、
仲間からスナック菓子の詰め合わせを
もらう機会がありました。

美味しそうなスナック菓子、
テーブルの上なんかにおいておくと、
ひたすら食べ続けたりしちゃったり…

減量中にはこうした行動は命取り…

でも大丈夫!
そんなついついなんとなくの
食べすぎを防止する方法があるんですよ!

ずばり冷凍庫で保管しちゃえば良いんです!
食べる時は解凍して少しづつ食べるようにしましょう。

保存するスナック菓子にもよりますが
密閉容器に入れて冷凍すれば
生菓子でも約一ヶ月ぐらいは保管できますよ。

この方法なら、一気にまとめ食いも防げますし、
解凍するのが面倒なんで、
食べたい欲求にも歯止めがかかりやすいです。

こんな簡単な事で
スナック菓子の誘惑から逃げられるなんてやるしかないですね。

解凍する手間を考えたら
もしかすると食べなくてもいいかな?
…なんて思って
ブレーキがかかるかも知れませんしね!

ちなみに
解凍する際は
洋菓子なら自然解凍、
まんじゅうなどは電子レンジで行うのが一般的。

基本的には
たいていのものは冷凍できますが、
生の果物を使ったものや
水ようかん系は冷凍には不向きです。

判りやすく言えば、野菜にも言えますが
水分が多いものが不向きという事です。

まぁ、果物だけだったら
冷凍したまま食べても美味しいですけど…

冷凍しづらいものを貰ったらささっと食べて、
明日からまた減量に励みましょう!

思わぬ貰い物のスナック菓子にはこうした冷凍法を活用して、
誘惑に負けず減量を継続していきましょう!