レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックにおけるリスクを理解しよう



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:19-4-2015


減量では、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためにはご飯制限が必要となるのですが、
多くの人は、ご飯制限を勘違いしています。
ご飯制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かに減量では
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
24時間2食のご飯しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違った減量方法なのです。

24時間3食は必ず食べるようにして、
その3食のご飯から摂取カロリーを減らすのが
正しい減量の基本です。

でも世の中には、
減量に失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それはご飯方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「ご飯の質」と「ご飯の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
24時間のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
6時はほとんど食べずに、14時ちょっと食べて、
19時たくさん食べる…
そんなご飯の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このようにご飯は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分のご飯を見直しましょう。

レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックにおけるリスクを理解しよう

★メニュー

レーシックの紹介制度を有効活用
老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシックには保証制度もある
なんと交通費を貰えるクリニックもある
適性検査を受けてからレーシック
レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたが求めているのはレーシック